おサルの恋物語
婚外恋愛について 日々の日記を綴っています ご理解のない方は ご遠慮下さい
プロフィール

★マヨ★

Author:★マヨ★
戸惑いながらも、前向きに・・・
楽しい事を探しましょ♪
【しあわせな寄り道】体感中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謹賀新年
2015-01-05(Mon) 12:26
皆様 新年明けましておめでとうございます

本年も宜しく御願い致します





年末年始はいつも通り 帰省致しまして
極寒の中、長男の嫁をして参りました。


北国でもないのに なんでこんなに寒いねん!!
それは お家がだだっ広くて、隙間風がヒューヒュー
お台所は土間なんですよ〜〜!!!
キッチンじゃなくて お台所としか呼べない。
旧家というと 聞こえはいいですが•••

高層マンションの我が家は 密閉してるし
虫もあまり飛んでこないですしね。
時々行くだけですが•••結構キツイです  笑



ま、主人の実家で過ごした後は
自分の実家で休ませて貰うのです。
どの部屋に行っても ポカポカにしてくれて
幾つになっても ゴロゴロとして
甘えさせて貰ってます。




彼とは 1日に1〜2往復程度のメール繋がりでした。
『何してるの〜?  退屈だよ〜』
釘太君の年末年始は ゆったりできるみたいで
バッタバタの私とは違い、自由な時間があって
普段のお疲れも取れたんじゃないかな
っていうより 家にいるのが疲れるって言ってましたゎ 笑






12月22日に 彼納めしてきました。
次女を三女に頼んで、夜のお出かけでした。
忘年会だったのですが どこに行こうと
ちょっとお洒落なイタリアンのお店に入ろうとした時
入り口近くの席に 知り合いが!!!

入る前に気付いて 急いで逃げました〜 笑
知り合いって言っても 微妙な距離感の知り合いで
私は彼女のこと ちょっと苦手なんですよ
入店する前に気付いて良かった〜



北海道の海鮮を食べさせてくれるお店に行きました。
美味しかったし 彼は車だったので
私だけビール頂きまして いい気分♪♪




酔っ払った彼女に「この後はどうする〜?帰る?」
なんて 意地悪そうに聞くから•••
「いやぁぁ〜〜 くっつきたぁい!!」って事で
2014年を締めくくる濃厚密着2時間でした。





これで今年は終わりかなって思っていたら
27日の仕事納めの日も 近くまで
顔を見に来てくれて 少しだけKissして抱きしめてくれました



何年経っても バカップルな私達ですが
今年も ボチボチ綴ってまいります
どうぞ宜しくお願いしますね m(_ _)m
スポンサーサイト
生きてます(^^;;
2014-12-05(Fri) 16:57
前回の記事は 暑くなる前…

お友達から どないしてんねん❗️と
関西弁ではないですが
コメントやメールも頂いていたのに
お返事も返せなくて…
ごめんなさいm(_ _)m



彼とは 11年目になり
気持ちは 少しも冷める事無く
むしろ 想いは強くなってきてます。
不思議だね~と 言いながら。



お仕事が増えた事や
長女が嫁いだ事や
次女の関係のやる事も増えて
何だか 時間を上手く
やり繰り出来ない私は (;^_^A
ただ無駄に 動き回ってました。





彼も忙しく お引越ししたり
出張は相変わらず多く
なかなか私との時間を作れなくて



ひと月ほどは 我慢しますが
ひと月半にもなると 彼女は
ギャーギャーと 怒る訳でして 笑
いつ迄 放っておくのよ~(♯`∧´) と。
いつも通り 一人で騒いで
私は 一体何なの(/ _ ; ) とイジイジ…


で、やっっっと彼に逢えると
何も変わってない彼に 安心して
ヨシヨシして貰って 尻尾を振ってしまう
進歩無いなぁ~(^^;;
自分でも思いますが…

ま、性格だし仕方ないですね
彼も 充分 承知してくれてます。




先月、次女を連れて三人で
一泊旅行して来ました
久しぶりです。

車で 二時間程の 湖畔の温泉です
雲一つ無い様な 快晴で
コートは暑い位の 絶好の行楽日和でした。


無理せず ゆっくりしよう、と
次女のペースに合わせてくれて
観光地を 沢山巡る訳でもなかったのですが
開放感と 嬉しくて嬉しくての気持ちとで
楽しい二日間でした。


素晴らしかったのは 湖に沈む夕陽



また 報告しますね。
今回は 生存確認でございます

好きじゃない
2014-06-23(Mon) 16:58
最近、大人のデートの間が空き気味。


以前は もう一ヶ月に一度では
全然足りなくて 充電が
切れちゃうよ~(;^_^A


などと 可愛い事を言って
マメに逢う機会を 作ってくれていた釘太君。



なのに…
前回の大人のデートは
ちょっと書きそびれてましたが
連休最終日にプチお泊りを
していたのです。

お泊りなので 勿論次女付きです。
とっても楽しかったですよ~( ̄▽ ̄)

いつもの 別荘ホテルで泊まり
翌日は 花桃()見に行きました。

連休最終日だったので 割と空いていて
のんびり出来ましたよ( ̄▽ ̄)






そのデートから…
一ヶ月半…(−_−#)

をぃ いつ迄放っておくねん


出張やら 工事やらで 忙しかったらしいですが
逢えないのは 仕方ない。

でも、逢いたい気持ちは伝えてよ
と、私はいつも言っているのに~
相変わらずの釘太君でして


マメに連絡する訳でなし。
私を欲しがる様子も無く 泣


別にいいけどさっ
と、彼女は 段々 拗ねていきます。




やっと やっっっと 逢いたいよね~
と、言ってくれてから一週間後
逢えました。



なんか…私って何なのよ。
逢わなくても平気でさ


そりゃ逢うのは嬉しいけど…
拗ねて 捻くれて すっかりいじけ虫。


素直に 彼の胸に飛び込めなくなって
私ばっかり 好きなの?




いつも通りの笑顔。
変わらぬ抱擁。


でも…私の反応は いつも通りには
いかなかったのです。
頭がグルグル回って
身体はちっとも 潤ってこない…



『あれれ…なんか変だゎ』


そんな私には お構いなしで
蕩けそうな笑顔で Kissして
抱きしめ続けてくれます。



『僕はね~ 好きじゃないんだ~
そんなもんじゃないよ。 大っっ好きなの。
とっっっっても好きなんだ~』



ニコニコ子供みたいな顔して言うから
笑うしかないですよね。




結局 何年経っても同じ。
いつも 私の独り相撲。
怒って、拗ねて、ふてくされて 笑



彼の気持ちは 変わらないのです。
はいはい、と 受け止めてくれて
大事だよ。大好きだよ。
と、ハンコを押して貰ってます。





ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m


下書きのまま…放置してました。
ま、でもその後 逢ってませんけどね。
またしてもですが 今回は
次の約束が有るので 大丈夫です。
11年目
2014-05-22(Thu) 15:48
5月20日は 彼と初めて出逢った日です。

10年前の小雨の降る日・・・・
初めて会った彼の爽やかな笑顔に
ハートを射抜かれて、10年の年月が経ちました。
11年目に突入です。



彼に 丸10年たった感想は? と聞いたら

『特に感想は無いよ。
  ただ、マヨと次女ちゃんには感謝している。
  いつまで経っても飽きなくて 新鮮なのが、不思議な感じだよ』





私も同じ気持ちです。
こんなに 長く深く愛し続けた人は、
彼が初めて。 そして最後だと思います。



余程 相性がいいんでしょうね。
好きだから、相手を思いやれているんでしょう。




釘太君は スラッと背が高くて足が長くて
素敵だけど・・・よく見ると、お腹周りは
結構育ってきてるし(笑)
顔も 鼻筋は通って横顔は素敵だけど・・・
笑うと フニャフニャの顔で目が無くなっちゃうし(笑)



私に至っては・・・
中肉中背というものの・・・ホントに中肉なのか?
顔だって 鼻筋は同じく通っていますが
パッチリお目々も 年齢とともに何だか下がってきてるし
大ジワ小ジワ・・・シミも出てきてるし・・・きゃぁぁぁ〜〜〜〜



それでも、お互いが 相手の顔がツボなんですよね〜
恋は盲目とは よく言ったもんです。




彼が フニャフニャに笑った時の
頬に出来るシワシワが大好きで、ビヨ〜〜ンと伸ばしたり
無精髭を少し伸ばしてきてくれると 
ゾリゾリと触るのが ゾクゾクしてしまう・・・
マニアック? でもないですよね。



私が大口開いて笑っても、ブ〜っと怒っても
鼻と鼻をくっ付けたり、頬ずりしてきます。




これからも 仲良くずっとずっと
一緒に居たいと思っています。



落ち着きました。
2014-04-28(Mon) 15:31
結局、やっっっっっっっっと逢えたのは
前回から 一ヶ月半以上空いてから。



怒って、淋しがって、拗ねて・・・・
アップダウンを繰り返し 一周回ってました。



別に・・・逢えなきゃ逢えないでも  平気じゃん。



全然 そんな事無いくせに、変に強がってしまう私。
『どんな顔か忘れてるんじゃないの〜?』
憎まれ口を 言ってしまう。
『そんな訳無いでしょ。 楽しみだね〜』

まあ・・・楽しみだけど〜
と、気持ちを押さえつつ 待ち合わせ場所に。


朝早くに起きて、マヨ弁作って行きました。
時間より早く着いたのに 彼ももう来ていて
『おはよ。
  あ、髪が伸びてる〜』


『おはよ〜 あ、マヨ弁だ!やった!!』
いつもの クシャッと笑う顔。
狡い・・・・その顔。
いつもいつも・・・10年経ってるのに〜〜
いまだに ドキッとしちゃう。


嬉しそうな顔・・・
も〜〜〜ぉ しょうがないなぁ・・・
つられて 笑っちゃうじゃないよ!!



ベッドにちょこんと座って、私は何か iPhoneで調べてて
隣で彼は テレビを見ていたのですが・・・
「あ! マヨ!あれ見て」と言われたので
顔を上げると・・・
テレビは洋画をやっていて 濃厚なKissシーン・・・

「・・・あ」と思ったら 
同時に彼の顔が近付いてきて
柔らかくて 甘くて 濃〜〜〜いKiss


それからは いつも通り、彼のペースです。
クンクンと 匂いを嗅いで
深呼吸して はぁ〜〜〜〜たまらない〜と
順に 確認しながら味わい尽くされてきました 照


私も 言葉には出さずに、彼の上腕二頭筋をモミモミ
広い背中を撫で回し 確認作業。


相変わらず Kissの嵐で トロットロに。
Kissしながら 私の顔を見て ニコ〜 の繰り返し。
そのうち ずっとずっと見ているのに気付いて
「え?何? なんでそんなに見てるの?」
「なんでって〜  見ていたいんだもん」とニコニコ


あんまり 見つめ続けられると・・・照れます。 笑


彼に抱きついて 声にならない声で「ねぇ・・・逢いたかった?」
そっとそっと 囁きました。
「ん?何?なんて言ったの?」
「・・・何にも。
  何も言ってないよ」
と言うと
「僕ね・・・・すっごく逢いたかったよ」と言って、クシャッと笑います。
「いやぁぁぁ〜〜 聞こえてるじゃない!!もぉ〜〜」


はい  アホですね。
ええ歳して、10年選手なのにねぇ。



私より私の身体を知る男です。
もぉ たまりません。
意地を張っていた事も、拗ねていた事も
嫌な事も 何もかも吹き飛ばしてもらった気分です。


ヘロッヘロになった私は 甘えモード全開になり
「もっともっと ギュ〜〜っと抱っこして〜
  離れちゃ駄目〜〜 もっとくっ付いて〜〜」


はいはい、と 彼はヨシヨシしてくれてます。
気が強い彼女ですが・・・彼の胸の中だけでは
ゴロゴロ 喉を鳴らす猫になります。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。